忍者ブログ
なんとか ブログ開設1年 をこえました。これもひとえに、皆様のおかげです。
  ご あ ん な い

ホームページ本体へはこちらから
毎月のスケジュールはこちらからご覧になれます。
スケジュールは随時更新しています。

ブックマークして頂けるなら、ホームページのほう

http://imade.ojaru.jp/

でお願いします。


現在、サーバーのトラブルで動作していないページがいくつかあります。
早期に解決を目指していますので、 ご覧になれなかったページ、また後日覗いてみて下さい。


 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

封切りから遅れること2日。

やっと見てきました。



いや、なかなかいい映画でしたよ。
音楽的にも「のだめ」ファン的にも。

後編が待ちどうしい、ってとこですかね。


映画の中で使われていた
チャイコフスキーの「序曲1812年」という曲。
クラシックに余り縁のない方(は見てないかな?)は
「なんで『なだぎ』はホールの表で大砲ぶっ放してる?」
と思うかもしれませんが、
あれ、実はチャイコフスキーのスコアに「そうしろ!」と書いてあります。

最近の完全防音したビルの中のホール等では無理ですので、
可能な限り大きな太鼓とかで代用しますけど。

それぐらい、音楽にこだわった演出、というわけです(かな?)

あと、ツッコミどころとしては、
「協賛:ヤマハ」ですから
出てくる楽器メーカーのロゴは 99% YAMAHA なんですけど、
千秋くんがバッハのコンチェルトを弾く時だけ、なぜか、
ベヒシュタインのピアノなんです。
これは理由は…調査します。


それはそうと、
「序曲1812年」は思い出がありまして、
以前ハワイに行った時、
偶然ホノルルシンフォニーオーケストラの野外コンサートがあったので
その浜辺でのコンサートに出向きました。
日本人の客は殆どいなくて、
みな家族ずれでバーベキューとかしながらワイワイいいながら聞いてました。

よく知られたクラシックの小品とか、オケアレンジのハワイアンとか、
結構楽しめるコンサートでした。

で、最後の曲がこの「序曲1812年」
そのフィナーレの「大砲」のかわりに、
なんと海上に花火が上がって、けっこうきれいでした。

ただ………………………
残念なことに、音は光より遅いので……………
「どーーーん」という音はだーーいぶ遅れて聞こえましたけど。


でも、上野樹里はもちろん、ベッキーも(たとえ画面だけにせよ)
ちゃんとピアノ弾いてましたね。
「○の器」の中○正○とは大違い!
あっ、山○優も弾いてないか…



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
プロフィール
HN:
今出哲也
年齢:
62
性別:
男性
誕生日:
1954/11/30
職業:
職業音楽家
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
血液型PV合戦
最新CM
[08/27 ルパン]
[08/21 ルパン]
[07/22 池ちゃん]
[07/13 ルパン]
[06/25 ルパン]
バーコード
ブログ内検索

Copyright © [ 今出哲也の「リベンジ」 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]